最新ニュース


2017.9.4

日本ルイ・アームストロング協会(WJF)23 周年記念 

     外山喜雄、恵子 ラッパとバンジョー片手の  特別シリーズ例会コンサート  

「サッチモのジャズ事始め」 (クイックするとチラシが出ます)

  サッチモことルイ・アームストロングの初録音から、エラ&ルイ、ルイ&デューク・エリントン プレイズ・ディズニー、ハロー・ドーリー、この素晴らしき世界まで、、、 生演奏でたどるサッチモの軌跡と、ジャズレコード 100 年への貢献 サッチモは 1923 年から亡くなるまで 50 年近く世界的レコーディング・アーチストとして活躍。そして没後約 50 年サッチ モのレコードは今も変わらず世界中で愛され続けています。ジャズとジャズボーカルの創始者と言えるサッチモの歴史と 名演をたどり、サッチモのジャズレコード 100 年への貢献を考えます。

曲目:  オチチョニア、この素晴らしき世界、ソング・オブ・ジ・アイランド、ハイ・ソサイティー・カリプソ ジッパ・ディー・ドゥーダ、セントルイス・ブルース、セント・ジェームス病院、ニューオリンズを忘れることは、 ニアネス・オブ・ユー、ハロー・ドーリー、聖者の行進 ほか

 9月30日(土) 5時半開演(5時開場)  日本ルイ・アームストロング協会 会員 3000   一般 3300    会場 御茶ノ水  アテネ・フランセ文化センター 4階ホール(エレベーター完備)

出演:外山喜雄(tpvo)、恵子(p,bj)、広津誠(cl)、粉川忠範(tb)、藤崎羊一(b)、木村“おうじ” 純士(drms)  後藤裕二(sax)、渡邊恭一(sax
特別ゲスト: 2016 年日本ジャズボーカル賞大賞 霧生ナブ子 (Vo  NY在住)   太田寛二(p)
ゲスト:佐藤修さん(元日本レコード協会会長、サッチモ・コレクター) 瀬川昌久さん(ジャズ評論家) 
お申込み 日本ルイ・アームストロング協会 saints@js9.so-net.ne.jp Tel047-351-4464 fax047-355-1004
   日本ルイ・アームストロング協会(ワンダフルワールド・ジャズ・ファウンデーション=WJF)

 

2017.7.11
サッチモのこの素晴らしき世界 録音から50年!

8月5日(土) 日本ルイ・アームストロング協会例会で超レアー・サッチモ映像集を上映  
★この素晴らしき世界・・・何と素敵な響きの言葉ー作詞作曲者、
サッチモに歌わせた両者に脱帽
関連記事 エッセイ PDFへのリンクですが、、。 

2017.7.11

ジャズレコード100年記念、シリーズ例会  第2回
サッチモの「この素晴らしき世界」録音から50年 」   サッチモ 超レアー映像特集    
8月5日(土)1 時半開演   アテネ・フランセ文化センター4fホール     
会員 2000 円 一般 2200 円


この素晴らしき世界  1967年12月
★ベトナム戦争のさなかに生まれたこの曲。明日はベトナムへ向かう
兵士たちに歌いかけるサッチモ。
1967年12月20日。テキサス州フード基地、明日にもベトナムへ向かう
兵士たちを前に、‘素晴らしき世界’と歌いかけるサッチモ。
戦地に向う兵士たちは、サッチモの歌うメッセージをどう聞いたのだろう。
フィナーレは、当時の大ヒット’ハロードーリー‘。
楽しさと興奮に酔いしれる兵士たちの多くが、銃弾の倒れたことを考えると、
涙を止めることが出来ない、感動の映像。


ニューオリンズから来た少年 A Boy from New Orleans    1971年2月10日
   他界する5か月前、テレビ出演でサッチモが歌った、、、、サッチモの遺言!
★1971年に他界する5か月前、1971年2月10日、ニクソンvsフロスト, 
で有名なデイビッド・フロスト司会のショーに出演。
1901年にニューオリンズのスラムに生まれ、活躍し、
アメリカの音楽大使と呼ばれた自身の一生を、聖者の行進のメロディーにのせて歌った
「ニューオリンズからの少年」(A Boy from New Orleans )
サッチモの遺言、、、、ともいえるような場面をとらえた、貴重で、かつ超レアーなテレビ映像。

サッチモの初映画出演、、、そして、早くも1936年のハリウッド・レビュー
★1932年、初めての映画出演となった、漫画映画「ベティーの番地探検」。
初めてのハリウッド映画出演、ビング・クロスビーと共演した「ペニーズ・フロム・ヘブン」、、、、、
デビュー当時から、すでに、後年の大スター、サッチモが完成されていることに、驚愕する。

★テレビの時代   1950年代に入り世はテレビ時代
テレビショーに、フランク・シナトラ等大スター達と共に出演、ハピネスを振りまいたレアーな映像!!

ゲスト:ジャズ評論家 瀬川昌久さん、ジャズ喫茶イーグル店主、ジャズ評論家 後藤雅洋さん、
元日本レコード協会会長 佐藤修さん。
サッチモの誕生日、8 月 4 日翌日の特別企画です。

日本ルイ・アームストロング協会代表、外山喜雄、恵子が、ラッパとバンジョー片手に
ご案内する ジャズ・シリーズ

第 3 回 は、「サッチモのジャズ事始め」 9月30日(土)アテネ・フランセ文化センター4fホール<br>
外山喜雄とデキシーセインツ+ゲストの生演奏でたどるサッチモの軌跡とジャズレコード 100 年への貢献です。

日本ルイ・アームストロング協会は、日本のサッチモ、Satchmo of Japan として世界に活躍する
トランぺッター、外山喜雄と、今年夫婦でジャズ51年目を迎える外山恵子夫人が
1994年から活動を続け23年目を迎える会です。
   お問い合わせ  047-351-4464、090-2494-9826  saints@js9.so-net.ne.jp
2017.7.9

1917年~2017年
ODJB-世界初のジャズレコード発売から100年 
新シリーズジャズ講座第 2 回
サッチモの「この素晴らしき世界」録音から50年  
8月5日(土)1 時半開演
サッチモ 超レアー映像特集    会員 2000 円 一般 2200 円 
アテネ・フラン文化センター4fホール
今年はサッチモの『この素晴らしき世界』の録音、1967 年 8 月 16 日から 50 年。
これを記念しサッチモの超レアーな希少映像を特集します。サッチモが亡くなる 5 か月前、
自身の一生を振り返った歌を遺言のように歌う、BOY from New Orleans の貴重な映像も。
ゲスト:ジャズ評論家 瀬川昌久さん、ジャズ喫茶イーグル店主、ジャズ評論家 後藤雅洋さん、
元日本レコード協会会長 佐藤修さん。
サッチモの誕生日、8 月 4 日翌日の特別企画です。
お申込み;日本ルイ・アームストロング協会   saints@js9.so-net.ne.jp 
2017.7.8
毎日新聞

幸せの学び <その156> サッチモを夢見て半世紀=城島徹  昨年2016年7月20日の記事
「サッチモ」の愛称で知られたジャズ・トランペット奏者ルイ・アームストロング(1901〜71年)にあこがれ
ミュージシャンになった外山喜雄さん(71)、恵子さん(73)の結婚50年記念イベント
「サッチモとジャズと私達」が7月、東京都内で開かれた。
若き日にジャズ発祥の地・米国ニューオーリンズで武者修行し、
国内で長くバンド活動を続けてきた二人は喜びにあふれる円熟のサウンドを響かせた
http://mainichi.jp/articles/20160720/org/00m/070/016000c
  

日本ルイ・アームストロング協会第61回例会開催 7月1

チラシこちら
新シリーズジャズ講座第1回 初ジャズレコードより100年記念 『ラグタイムからJASS誕生まで』
1917
年ODJBの初のジャズレコードが大ヒット!

ジャズのもととなったラグタイム音楽の世界とラグタイムがスウィングするJASS
となった時代を特集します!


スコット・ジョプリン、バディー・ボールデン、フレディー・ケパード、キング・オリバー、
ODJB、そしてルイ・アームストロング
ODJBの78回転SPレコードを、当時の蓄音機で再生も予定!!


曲目:オリジナルラグズ クレオール・ベルズ グレイス・アンド・ビューティー ハイ・ソサイティー 
タイガーラグ アット・ア・ジョージア・キャンプミーティング メリーランド・マイ・メリーランド 
オリーズ・クレオール・トロンボーン チャイムス・ブルース 12番街のラグ  他
出演:外山喜雄とデキシーセインツ   

 
 外山喜雄 tp,vo、外山恵子 bj,p、粉川忠範 tb、広津誠 cl、藤崎羊一 b
ゲスト:  アレェクスェイ・ルミィヤンツェフ ピアノ 
ロシア出身のラグタイムのスペシャリスト

      関 泰子  バイオリン  
     木村おうじ純士  ドラムス
トークゲスト:佐藤修さん(元日本レコード協会会長、日本ジャズ音楽協会理事)
 資料提供 山本俊兵さん(SPレコードコレクター) 寺田繁さん(オーディオパーク社長)
司会:山口義憲(会報ワンダフルワールド通信編集長)

2017
71日(土)御茶ノ水アテネフランセ文化センター4階ホール(エレベーター完備)
14:00-16:30  13:30開場  
会費: 3500円(WJF会員)4000円(非会員)
お申込み:日本ルイ・アームストロング協会 
047-351-4464
 fax047-355-1004 saints@js9.so-net.ne.jp


2017.5.20

2017年7月1日(土)から始まる日本ルイ・アームストロング協会主催
3回シリーズ 〝特別シリーズ例会″をご案内します。(チラシができました
      第1回『ラグタイムからJASS誕生まで』       7月1日(土)14時開演
  第2回『〝この素晴らしき世界″録音から50年』 8月5日(土)13時半開演
      第3回『サッチモのジャズ事始め』        9月30日(土)17時半開演

 
 

2017,6,21
日本ルイ・アームストロング協会会報
ワンダフルワールド通信94号
ODJB-世界初のジャズレコード発売から100年
記念特集号 ニューオリンズとサッチモのジャズへの大きな貢献を考える
7月~9月、アテネフランセでは新シリーズ・ジャズ講座も開催

◇1917年2月26日、NYで録音、78回転SP盤裏表2曲をビクターから発売
JASSバンドって何? 狂ったブラスバンドさ!
「デキシーランドJASSバンド・ワンステップ」と「馬小屋のブルース」
◇この音楽はいったいどこから来たのだ?!1910年頃から各地の新聞の話題に
もともとスラム街の教会やジャズ葬式、パレードから生まれた
◇新しい『JASS感覚』はニューオリンズが生み出した荒けずりな黒人感覚
薄味の『おいしい』メロディーを創り出したODJBの功績と限界
◇東京ディズニーランドに流れるラグタイム、1900年頃のアメリカがモデル
大ヒットとなったスコット・ジョプリンの「メイプルリーフ・ラグ」
◇バディー・ボールデン、パパ・ジョン・ジョセフ、キッド・トーマス、キング・ケパード、
◇キッド・オリー… ニューオリンズが生んだジャズ先駆者たち
◇ジャズがレコーディングされて100年…に寄せて
   宮沢賢治にも詩「岩手軽便鉄道 7月ジャズ」
━━特別寄稿:ジャズミーブルース ノラ 佐々木孝夫さん
定年後に買い始めたSP盤は1900枚!これらをもとに復刻盤CD
───SPレコード・コレクター、山本俊兵さん(会員)インタビュー
◇私のルイ・アームストロング観 佐藤修 (元日本レコード協会会長、日本ジャズ音楽協会理事長)
◇銀座の春を彩る「ジャズひな祭り」  久しぶりに鈴木孝二さんも加わる
◇サー・チャールスさん宅に牧子夫人を訪ねて生前そのままのお部屋に思い出の品々が…

http://wjftuushin.seesaa.net/article/451074836.html


2017.5.12

外山喜雄とデキシーセインツ、ルイ・アームストロング他、多くの情報を
日本ルイ・アームストロング協会ホームページに掲載しています。
こちらもご参照ください

蓼科、長野のライブ、コンサート情報 5月26日、27日
予告 善光寺の長野
  門前ジャズストリート2017 5月27日(土)
  11:00~18:00  デキシーセインツの演奏は信越放送前 トイゴ広場ステージ

16:30~16:50…ジャズクリニック
17:00~17:50…外山喜雄とデキシーセインツ
    お問合せ:信越放送 026-237-0545
http://sbc21.co.jp/blogwp/event/concert/16895
(Not Foundとでますが上部の「イベント」をクリックしてください。
下のほうにコンサートの表示があります。


予告蓼科ライブ
  蓼科ペンショ ピラタス2 ライブコンサート
   5月26日(金)   開場 18:00  開演 19:00  蓼科ペンション ピラタス2 ライブコンサート 
  ミュージックチャージ 3500円、宿泊パック 6500円(ライブ+宿泊)飲食持込OK  
お問合せ・お申込:茅野市北山4035-2148 TEL:0266-67-4150

2017.5.6

日本ルイ・アームストロング協会第61回例会開催 7月1

チラシこちら
新シリーズジャズ講座第1回 初ジャズレコードより100年記念
 『ラグタイムからJASS誕生まで』

1917
年ODJBの初のジャズレコードが大ヒット!
ジャズのもととなったラグタイム音楽の世界とラグタイムがスウィングするJASSとなった時代を特集します!

スコット・ジョプリン、バディー・ボールデン、フレディー・ケパード、キング・オリバー、ODJB、そしてルイ・アームストロング
ODJBの78回転SPレコードを、当時の蓄音機で再生も予定!!

曲目:オリジナルラグズ クレオール・ベルズ グレイス・アンド・ビューティー ハイ・ソサイティー 
タイガーラグ アット・ア・ジョージア・キャンプミーティング メリーランド・マイ・メリーランド 
オリーズ・クレオール・トロンボーン チャイムス・ブルース 12番街のラグ  他
出演:外山喜雄とデキシーセインツ   
  外山喜雄 tp,vo、外山恵子 bj,p、粉川忠範 tb、広津誠 cl、藤崎羊一 b
ゲスト:  アレェクスェイ・ルミィヤンツェフ ピアノ 
ロシア出身のラグタイムのスペシャリスト
      関 泰子  バイオリン  
     木村おうじ純士  ドラムス
トークゲスト:佐藤修さん(元日本レコード協会会長、日本ジャズ音楽協会理事)
 資料提供 山本俊兵さん(SPレコードコレクター) 寺田繁さん(オーディオパーク社長)
司会:山口義憲(会報ワンダフルワールド通信編集長)

2017
71日(土)御茶ノ水アテネフランセ文化センター4階ホール(エレベーター完備)
14:00-16:30  13:30開場  
会費: 3500円(WJF会員)4000円(非会員)

お申込み:日本ルイ・アームストロング協会 
047-351-4464
 fax047-355-1004 saints@js9.so-net.ne.jp

 

2017.5.6
日本ルイ・アームストロング協会 会報93号です

こちら http://wjftuushin.up.seesaa.net/image/93E58FB7E7B590E59088.pdf
◇1994年、WJF発足とともに始まった“銃に代えて楽器を!”の贈呈運動
  トランペットに出会って偉大な一生送った“ジャズの王様”ルイ・アームストロング 
サッチモに倣い銃と麻薬に囲まれて暮らす子供たちを救おう! 
“ネバー・エンディング・ストーリー”22年…海を渡った楽器は840点超

◇サッチモが作ったジャズ ABC  外山喜雄
サッチモの演奏をすり切れるまで聴くことだ。ウィントン・マルサリスも降参したルイの晩年の演奏!!
◇中村宏さん「私のジャズ遍歴」...
 (防衛医大名誉教授、ジャズ評論家、賛助会員)
◇「新春!デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー」 Vol.9
今年も伝統の5大バンドが競演、ゲストに北村英治さん

 


2017.4.18
外山喜雄とデキシーセインツ、ルイ・アームストロング他、多くの情報を
日本ルイ・アームストロング協会ホームページに掲載しています。
こちらもご参照ください。http://wjf4464.la.coocan.jp/


2017.4.10
蓼科、長野のライブ、コンサート情報 5月26日、27日
予告 善光寺の長野
  門前ジャズストリート2017 5月27日(土)
  11:00~18:00  デキシーセインツの演奏は信越放送前 トイゴ広場ステージ 16:00頃
    お問合せ:信越放送 026-237-0545

http://sbc21.co.jp/blogwp/event/concert/16895



予告 長野市蓼科
  蓼科ペンショ ピラタス2 ライブコンサート
   5月26日(金) 
  開場 18:00
  開演 19:00  蓼科ペンション ピラタス2 ライブコンサート 
  ミュージックチャージ 3500円、宿泊パック 6500円(ライブ+宿泊)飲食持込OK
  お問合せ・お申込:茅野市北山4035-2148 TEL:0266-67-4150

2017.3.15
予告 日本ルイ・アームストロング協会  第61回例会
新シリーズジャズ講座
 第1回「ラグタイムから「JASS」誕生まで
お茶の水 アテネフランセ文化センター
7月1日(土)  14:00~16:30(開場13:30)
初のレコードから100年に当って会費:一般4000円 WJF会員3500円
   出演:外山喜雄(TP.VO)外山恵子(P.BJ)
      粉川忠範(TB)広津誠(CL.TS)藤崎羊一(B)
  ゲスト:アレェスエイ・ルミヤンシェフ(ラグタイムピアノスペシャリスト)
      関泰子(バイオリン)  木村おうじ純士(Dr)
      佐藤修さん(元日本レコード協会会長、元ポニーキャニオン社長、サッチモ・コレクター)
資料提供 山本俊兵さん 寺田繁さん(オーディオパーク社長)
お問合せ・お申込み:日本ルイ・アームストロング協会
       TEL:047-351-4464  FAX:047-355-1004
       メール:saints@js9.so-net.ne.jp


2017.1.10
ワンダフルワールド通信92号 発行
http://wjftuushin.up.seesaa.net/image/EFBC91EFBC8Etop_0001.pdf
◇クラシックの殿堂、紀尾井ホールで再び「ジャズの源流をたどる旅」
 「ビッグバンドの時代~スウィングしなけりゃ意味ないね~」
  特別編成の外山喜雄とセインツ&守屋純子率いる紀尾井ジャズオーケストラ
◇石井一・佐藤修両氏による日本ジャズ音楽協会が発足
◇“ジャズの王様” ルイ・アームストロングの功績Vol.1 外山喜雄
  スイング感と“ジャズ語”を世界に教え後世に伝える
◇サッチモ讃歌 サッチモを讃える有名人の言葉の数々
◇「サッチモ・サマーフェスト2016 シンポジュウム・リポート」
◇岡崎市の“ドクター・ジャズ”、内田修さん逝去
◇鈴木孝二さんとジャズの足跡

2016.12.1
恒例 新春デキシーランドジャンボリー
めぐろパーシモンホール 2017年1月7日(土)15:00~18:30
 出演  デキシーセインツ デキシーキングス デキシーサミット デキシーキャッスル デキシージャイブ
 ゲスト 北村英治
日本を代表する5デキシーバンドが豪華競演!!
前売りS席5000円 (当日500円増)
チケットのお申し込みは外山喜雄(下記TEL、FAX、Eメール)までお願いいたします。
割引で4800円 WJF会員は4600円 良いお席のためにお早目にお申込み下さい。

2016.11.10
紀尾井クリスマスコンサート2016
 「ビッグバンドの時代~スウィングし  なけりゃ意味ないねー」
http://wjf4464.la.coocan.jp/
第1部ビッグバンドの歴史とスウィング時代のヒット
   外山喜雄バンド中心のフルバンド
第2部デューク・エリントンと新しい感覚のビッグバンド
  守屋純子(P)ビッグバンド
S席6000円 A席4000円 学生A席2000円
外山に申込されますと
S席(WJF会員5500円、一般5700円) A席3800円
チケットお申し込みは外山まで。

2016.11.3

日本ルイ・アームストロング協会会報 ワンダフルワールド通信91号  2016年10月発行
こちらからご覧ください


http://wjftuushin.up.seesaa.net/image/EFBC91EFBC8Etop20no20meibo.pdf

2016.9.28

日本ルイ・アームストロング協会からお知らせ

時事通信から連絡をいただき、時事通信に記事が掲載されました!!
(7月2日に開催した、夫婦でジャズ、夫婦でサッチモ50年のコンサート以来、取材を受けていました
下記よりご覧ください

http://www.jiji.com/jc/v4?id=201609jaz500001

大変長編の記事で、感謝しております。
ご笑覧いただければ幸いです。    外山喜雄 恵子

2016.9.6

定禅寺ストリート・ジャズフェスティバル 

東日本大震災から5年目の復興ライブに出演 国分町  元鍛冶丁公園内ステージ
911日(日)18時から21
詳細はこちらをクリックしてください

20116月、ニューオリンズから寄贈された楽器を多賀城の小学生ジャズバンド、ブライトキッズに
プレゼントする仲立ちをさせていただきました!

http://wwjf.up.n.seesaa.net/wwjf/image/E6B2B3E58C97E696B0E5A0B120110625E5A49AE8B380E59F8E.jpg?d=a1

その時、小学校6年生を終えたばかりだったトランペット少年、千葉隆壱君(記事真ん中の少年、、いまは、高校生です。
数年前には全国選抜のブラスバンドで、なんとNYカーネギーホールで演奏しました。

今回、911日夜18:0020:30定禅寺ストリートジャズフェスティバル、タイアップステージ、
国分町元鍛冶丁公園内ステージで、千葉君たちと共演します お楽しみに。

 

2016.6.24
 ジャズ批評7月号(No.192)2016年6月24日発売。
特集タイトルは「ベスト・オブ・トランペット50」に、大変光栄な7ページ、特集記事を掲載して頂きました!   
心より感謝  外山喜雄 恵子
詳細こちら 書店、アマゾン等でお求め頂けれれば幸いです
 

2016.5.7

 ライブ、情報をアップしました

2016.5.7

 日本ルイ・アームストロング協会 第60回特別例会 
例会60回・会報90号・外山喜雄・恵子の夫婦でジャズ50年記念 皆さまへのお礼の会
講演と映画とライブ  映画 サッチモは世界を廻る のレア映像上映  7月2日   アテネフランセ
お陰様で、私達夫婦でジャズ50年を迎えます。
―サッチモ“の”大使―
音楽大使として世界を廻ったサッチモ、、、学生時代に見たルイ・アームストロングの映画と音楽に大きく影響されました。
そして1968年夫婦でサッチモの故郷ニューオリンズへ、恩返しにサッチモの孫たちへ楽器を贈り、
思いがけず震災を通じて日米子供たちの交流が実現。
ニューオリンズの人々から嬉しい言葉をいただきました、、、ヨシオとケイコは、
『サッチモ大使』ではなくて、『サッチモ“の”大使』だと。」
日本ルイ・アームストロング協会例会60回、会報90号も記念し、ファンの皆様へのお礼の会を開催します。

<お申し込み:日本ルイ・アームストロング協会>
tel:047-351-4464 fax:047-355-1004 saints@js9.so-net.ne.jp
詳細チラシはこちらです。


2016.4.29

     ※日本ルイ・アームストロング協会会報 ワンダフルワールド通信89号発行しました。
           ◇WJF特別例会『春のシュビドゥバ』─スキャット誕生90 周年
           ◇華やかに♪年の始めの…第8回『デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー』
           ◇改築中の日比谷公会堂に代わって今年は「めぐろパーシモンホール」で満員御礼の開催
           ◇宇都宮「MIYA JAZZ INN 2015」  他
          リンク http://wjftuushin.up.seesaa.net/image/WWE9809AE4BFA189E58FB7.pdf

     ※ 今年は、ジャズ・フェスティバルで人気です!
           5月14日新宿ジャズ・フェスティバル新宿楽しい春のジャズ祭り
           5月28日長野門前ジャズ・ストリート
           7月30日軽井沢ジャズフェス(at 軽井沢大賀ホール)
           7月31日横濱旭区ジャズ祭
           8月24、25日浅草ニューオリンズ・ジャズ祭ゲスト出演
           10月中旬横濱ジャズプロムナード
           11月5日宇都宮ミヤジャズイン
           11月23日吉原郷之典さんのビッグバンド・コンサート
               スウィンギンハードorch ゲスト(at 宇都宮)
           5月から8月横濱ちぐさ会主催、外山喜雄、恵子
               夫婦でジャズ50年、4回シリーズ
           7月2日 日本ルイ・アームストロング協会主催
               「サッチモは世界を廻る」完全字幕版上映と講演

      ※ちぐさdeジャズ探検隊 特別編のおしらせ
             ジャズメンが語るジャズの歴史講座シリーズ 第一弾
                   外山喜雄・恵子の夫婦でジャズ50年
            ニューオリンズ・ジャズやディキシーなどトラディショナル・ジャズ分野での第一人者であり、
            日本ルイ・アームストロング協会の会長でもある外山喜雄・恵子ご夫妻によるジャズの歴史講座
                  5月23日、6月20日、7月25日、8月31日
            ジャズ喫茶 横濱ちぐさhttp://noge-chigusa.com/jazz/

           〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町2-94 Tel. 045-315-2006 
                  詳細はこちら→     ジャズの歴史講座 
    


2016.4.3

  音楽が結ぶ人の心、人の力 日本フィランソロピー協会の会報で記事掲載
日本フィランソロピー協会の会報、フィランソロピーに記事が掲載されました。
特集 音楽が結ぶ人の心、人の力 の中で、私たちの銃に代えて楽器を、
また、ニューオリンズと東北の子供たちの交流を、大きくとりあげてくださっています。
特集/音楽が結ぶ人の心、人のカ
● 元気な社会の架け橋
日本ルイ・アームストロング協会 フィランソロピー


2016.4.3

  ニューオリンズの新聞に、特集記事 
長年にわたる外山喜雄・恵子夫妻の サッチモ、ジャズ、ニューオリンズへの愛を讃える
 2003年から私達、日本ルイ・アームストロング協会の活動をニューオリンズで取材し続けて下さっている、
シーラ・ストラウプさんの素敵な記事です。 タイムスペキューン紙2015年8月8日
こちら


2016.3.31

2016年4月   ライブスケジュールをアップしました
4月 We Love Satchmo ライブ  こちら

2016.3.29
新潟県三条市の皆様にも、サッチモとディズニー、楽しいデキシーランドジャズの世界、楽しんでいただきました。
三条市第2中、第3中のブラスバンドの皆さんとも、共演!!
 

2016.2.23
気仙沼ドルフィンズ、太平洋を渡る 
 2013年夏、東日本大震災の被災地、宮城県気仙沼市のジュニア・ジャズバンド「スウィング・ドルフィンズ」
が、TOMODACHIイニシアチブと国際交流基金の支援を受け、ニューオリンズを訪問しました。この旅に
は、アメリカ大使館広報・文化交流部の圓子博子さんもボランティアとして同行いたしました。この記事は、
圓子さんからみたドルフィンズと地元の人々と交流の様子です。

ジャズの聖地に響いた被災地の子どもジャズバンド、復活のスウィング  
ジャズの聖地に響いた被災地の子どもジャズバンド、復活のスウィング  外山喜雄・恵子 
「ニューオリンズの皆さん、ありがとうございました!!」テレビカメラに向かってニューオリンズへの感謝
の言葉を叫ぶメンバーの笑顔、全員の手にはピカピカの楽器が!アメリカ大使館WEBマガジンより

JAZZ CONNECTION ~”日本のサッチモ”が結ぶ日本とニューオリンズの絆
「ジャズはアメリカが世界にくれた素敵なプレゼントなんですよ」アメリカン・ビューのインタビューで外山さん
はこう答えた。ライブでトランペットを吹き、バンドに合わせて歌うとき、彼が考えているのは「ニューオリンズ
のスピリット『サッチモ』(ルイ・アームストロングの愛称)のハートを伝えて、お客さんに喜んでもらいたい」と
いうことだ。アメリカ大使館 WEBマガジンより 

「 スキャット」誕生90周年記念コンサート『春のシュビドゥバ』 2月27日
今週土曜日。2月27日 3時開演                
銀座十字屋ホールで開催される外山喜雄とデキシーセインツ
「スキャット」誕生90周年記念コンサート            
『春のシュビドゥバ 』                        
外山喜雄・恵子、広津誠(cl&ts)、粉川忠範(tb)、サバオ渡辺(drms)、藤崎羊一(b)
ゲストボーカル:丸山繁雄、ギラ・ジルカ 細野よしひこ(ギター&ボーカル)
是非おいで下さい





2016.2.9 
 松戸市立六実中学校で、生徒さん、父兄の皆さんに私達の演奏を楽しんでもらいました。
12月21日 松戸市立六実中学校で生徒さん、父兄の皆さんに楽しんでもらいました。ブラスバンドの
皆さんとの、ニューオリンズ・ジャズでの共演も!!紀尾井ホールで皆さんに喜んでいただき、2日後の
早朝、中学校でも!楽しいジャズを拡げていきたいと思います。
写真をここでご覧になれます
イギリスのジャズ・ウエブサイト、Jazz&Jazzに特集記事が掲載されました。 
イギリスのジャズ・ウエブサイト、Jazz&Jazzに特集記事が掲載されました。
こちらをご覧ください
 
日本ルイ・アームストロング協会会報88号紀尾井ホールコンサート 
ニューオリンズ・ジャズと素晴らしきサッチモの世界 特集
 日本ルイ・アームストロング協会会報88号です
Our news letter #88 紀尾井ホールコンサート、ニューオリンズ・ジャズと素晴らしきサッチモの世界
レポート
日本ジャズ界にサッチモ再評価の波
日本ジャズ界の最長老ジャズ評論家瀬川昌久さん、文化庁長官賞受賞ほか
こちらをクリックしてご覧ください

2016.2.2

 日本ルイ・アームストロング協会会報 
会報ワンダフルワールド通信88号 2016年1月発行  こちら
◇クラシックの殿堂「紀尾井ホール」で初の主催ジャズコンサート “ジャズの王様”サッチモの世界を存分に再現!
前田憲男さん、白石信さん…重鎮ゲストがデキシーセインツと共演露木茂さんの円熟した司会
◇画期的なジャズコンサートも成功!この上なく光栄なことと皆様に感謝。
実を結んだサッチモ生誕100年記念などWJF数々の活動 ──外山喜雄・恵子 “
◇日本のジャズ界にルイ・アームストロング再評価の波 
大きな力となった瀬川昌久さんの存在と、日本ルイ・アームストロング協会の活動  他 

 2016年2月9日以前のの最新ユース
 こちらからご覧ください